SWING BY SWING BY

イギリス20ペンスコイン500年前の和解の印「チューダー・ローズ」の歴史

 

皆様~いかがお過ごしでしょうか?

 

最近・・・蒸し蒸し・して暑いし・・雨ばっかり!!

 

テレビではコロナ感染・・7波の話題(+o+)

 

なんぞ楽しい事無いんやろか?

 

 

あ・・・そんな時は・・・SWING BY(*^^*)

 

コインリング体験は体を使うのでストレス発散出来ますよ!!

 

あ、宣伝しちゃった。。(笑)

 

 

さてさて本題である本日の気になるコインは?

 

 

イギリス20ペンスコイン  

 

 

 

 

体験教室でもかなり人気が有り、

 

特徴的にカクカク7角形になっており指輪にするとナント王冠の形になるんです。

 

 

👑・👑・👑・👑・👑

 

 

コインの表面はエリザベス女王2世が書かれており、

 

裏面には花の絵と王冠が書かれています。

 

 

花と王冠て意味が有るのかな?良いことが有りそう?

 

 

調べてみると花と王冠のデザインの事をこう呼ぶそうです

 

 

「チューダー・ローズ」

 

 

ん?ん?なんじゃそら?

 

 

今日はここを深堀していきたいと思います。

 

 

 

~~500年前の和解の印「チューダー・ローズ」=花と王冠の歴史~~ 

 

《通貨名》イギリス・ポンド

 

《発行期間》1982年~2022年現在 

 

《材質》白銅(銅ニッケル) 

 

《重さ》5g 

 

《直径》21.4mm 

 

《厚さ》1.7mm 

 

《累計発行枚数》約442000万枚(データがある2020年までの累計) 

 

 

 

【左と中央】:1982年から2008年まで、

 

チューダーローズ柄(花・王冠)で発行された20ペンス2種

 

(女王の肖像画が1982年~2008年までに2度変わりました。写真はそのうちの2種) 

 

チューダーローズの面に、発行年が刻まれています。 

 

 

【右】:2008年以降、国章の盾図案の一部として発行された20ペンス。 

 

発行年の表記は、女王の肖像画の面に移動しました。 

 

 

良く見るとエリザベス女王の肖像画・アップになり表情も違いますね?

 

 

  •  

 

1982年から2008年まで発行された、イギリス20ペンスコインのデザインは、王冠をかぶったバラの花です。 

 

ヨーロッパのキリスト教社会では、聖母マリアを「神秘のバラ」と呼び、

 

また文学の中でも、赤いバラは情熱的な女性を表し、

 

白いバラは清純な女性の例えに使われたり、バラは特別な花🌹

 

 

そしてガーデニングが盛んなイギリスでは、

 

バラはとても愛されてきた花で、日本の桜のような存在だったようです。 

 

 

日本でバラは特別な花・・祝いや贈り物のイメージが強いかな?

 

因みに僕は生まれてから今まで(50歳)一度も買ったことない花ですね(+o+)

 

何か気取ってる感じがするのは俺だけ??(笑)

 

 

 

 

20ペンスのこのバラの花は、コインではわかりませんが、

 

実は中の花びらは白で、外側の花びらは赤という、自然界にはなかなか存在してなさそうなバラなんです(^.^)

 

500年も前に考案された「和解」を象徴するバラで、

 

「チューダー・ローズ」といいます

 

 

 日本は室町から戦国時代にかけての頃ですね。

 

なんて古さ!すごい歴史が詰まってそうです。 

 

 

そのころのイギリスも、いくつもの戦争に明け暮れていた時代でした。 

 

話が少し長くなりますが、コイン1枚からこんなにも濃いことが見えてくるのか~~!と

 

がんばって調べてきたので、どうぞお付き合いください!m(__)m 

 

 

  • ★  ★  ★  ★  ★  ★
  •  

 

「チューダー」は、1485年から1603年までの英国王室、(いえ、スコットランドはまだ独立国だったので、)

 

イギリス南部を占めるイングランドの王室「チューダー朝」を興した、チューダー家のことです。 

 

ちなみに今のエリザベス2世女王の王室は、「ウィンザー朝」っていいます。 

 

 

イギリス王室は、1066年のイングランド・ノルマン王朝と、843年のスコットランド・アルピン朝にはじまり、

 

今のエリザベス2世女王まで(ノルマン朝の始まりから数えると)

 

42代にわたってずっと血筋はつながっているのですが、

 

直系の後継者が途絶えたりで親戚筋が変わると、王朝名も変わってきました。 

 

 

12世紀の終わりごろ、現在のフランスの西半分は、イングランド王室(プランタジネット朝)の領地でした。

 

イングランド王エドワード3世はとうとう、

 

フランス王座の地位も得ようと起こしたのが、百年戦争(1337~1453年)でした。

 

その戦争の終盤には、イングランド王ヘンリー6世がフランス王にも即位したほどなのですが(在位1431-1453年)

 

最終的に大陸の領土をほぼすべてフランスに奪われ、イングランドの敗戦に終わりました

 

その敗戦の責任追及から、イングランドではさらに30年の長きにわたって、

 

ランカスター家とヨーク家の間で、後継者争いの内戦に明け暮れます(1455~1485年)。 

 

僕が出会ったイギリス人たちは皆、 

 

「イギリスはねえ、今も昔も、いつも戦争ばっかりしているよ」

 

って言いますけど、本当ですね(;^ω^) 

 

ちなみにこの内戦中のイングランドは、ハンザ同盟とも戦争してるんです(1469-1474年)。( ゚Д゚) 

(ハンザ同盟は、そのころ強い勢力を持っていた、北海からバルト海の沿岸都市の同盟体です) 

 

 

話がそれました。m(__)m 

 

 

この内戦は、19世紀になってからは「バラ戦争」と呼ばれました。

 

ランカスター家の紋章が赤ないし金色のバラで、ヨーク家の紋章が白いバラだったためです。 

 

 

この内戦により、それまでのランカスター家(ランカスター朝)から、

 

一時ヨーク家(ヨーク朝)が王位を握りましたが、

 

最後はランカスター家の血も引く、チューダー家のヘンリー7世が勝利します。 

(王朝が2つ併存したのは、日本の南北朝時代に似てますね) 

 

 

バラ戦争を制したヘンリー7世は、イングランド国内の分裂を収めるべくヨーク朝エドワード4世王の娘、

 

 

エリザベス・オブ・ヨークと結婚しました。

 

また、ランカスター家の赤バラの中に、ヨーク家の白バラを組み合わせた紅白のバラ、

 

この「チューダー・ローズ」を制定し、自らのチューダー家の紋章としました。 

 

 

そのチューダー朝も、第6代エリザベス1世女王が未婚だったため17世紀初めに途絶え、

 

イングランドはスコットランドの王を迎え入れます(スチュアート朝の始まり)。

 

 

国王の家系はその後も数度変わりましたが、

 

このような経緯でヘンリー7世が創作した「チューダー・ローズ」は「和解の印」として、

 

21世紀の現在まで、イングランドの国花としてさまざまな場面でイギリス公式の場で使われています。 

 

 

 

ひとつの例は、イギリス最高裁判所のロゴに、一輪の「チューダー・ローズ」が描かれています。 

 

なーるほど(^.^)

 

裁判所は「裁きの場」ですが、時には「和解の場」でもありますもんね!!

 

 

また、イングランドのサッカーナショナルチームのショルダーパッチにも使われています。

 

イングランドを表す「3頭の獅子」の周りに、

 

10輪の「チューダー・ローズ」がちりばめられています。

 

今度、イングランドの試合をテレビなどでご覧になるとき、確認してみてくださいね。

 

 

ちなみにイギリスは、

 

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという4つの別々の国の連合体であるため

 

「チューダー・ローズ」はあくまでイングランドの国の花です。

 

スコットランドはアザミ、ウェールズはラッパスイセン、北アイルランドはシャムロック(三つ葉のクローバー)です。 

 

アザミやラッパスイセン、シャムロックが描かれたコインもありますので、いつかご紹介させてください。(^^)/ 

 

 

  • 現在の20ペンスの図案

 

 

そのチューダーローズ図案の20ペンスも、とうとう2008年に廃止されてしまいましたが、

 

新しい図案も素敵なので、ご覧下さい。 

 

 

6種の硬貨を合わせて初めてひとつの図案になるんです。

 

このように並べると、イギリスの国章(盾)の図案が現れます。 

 

かっこいーーい!ヾ(*´∀`*)ノ 

 

 

写真左の黄銅貨は、2008年から2015年まで発行された、1ポンド!!

 

国章の盾全体が1枚のコインで描かれているのである・・

 

 

  • 20ペンスのエラーコイン

どこの国でもあるエラーコイン?

 

ナント20ペンスでもありました(+o+)

 

20ペンスが新しくなり、初年度2008年に発行された1億1500万枚のうちの一部が、

 

間違って表にも裏にも発行年の「2008」が刻まれていません。

 

誰もミスに気づかぬまま、5~20万枚もを市場に流通させてしまったそうです。 

 

それまでの20ペンス貨は、チューダーローズの面に発行年が刻まれていましたが、

 

この面が他の額面のコインとともに国章置き換わったため、発行年が女王の肖像画の面に移されました。

 

移されたはずですが、片面は新しい金型、反対面は古い金型と、間違って組み合わせてしまったんですね。((+_+)) 

 

 

 

このように、表と裏で本来の図案と異なる組み合わせになってしまったコインを、「muleミュール」と呼ばれます。 

 

 

このエラーコインも、もちろんコレクターの間で20ペンスよりも高い価値で売り買いされるわけですが、

 

エラーが発覚して間もなくの頃、

 

 

eBayで1枚7100ポンド(1ポンド150円計算で、約106万円)の値が付いたんだとか!

 

 

今となってはせいぜい1万円だそうですが。 

 

そんな珍しいコインは、1枚ほしくなりますね~。 

 

でもでも・・・!コインリングにするには・・・。 

 

 

 

コインリングの魅力の一つでもある西暦!!

 

間違って年が刻まれていないコイン??

 

いくら高値がついても、それはコインリングには向いてない?

 

でも誰とも被らない(^.^) 魅力的かも?

 

 

 

  • 20ペンスが流通用にはまったく発行されなかった年

 

2017年は、年セット用のコイン(その年に発行されたコインが詰められたコレクション用のセット)

 

とプルーフコイン(収集用に、特別に表面がきれいな仕上げに作られたコイン)だけが発行され、

 

流通用の20ペンスはナント!!発行されませんでした。

 

 

 

これは、2016年に1ポンド貨のデザインが変更されたためです。 

 

 

2016年に1ポンド貨が刷新され、

 

古い1ポンド貨は翌年2017年の10月に廃貨になる(お金としての価値を失う)ことになりました。

 

そのため、英国民は皆、家のどこかに1ポンド貨が眠ってないか探し出し、使うなり銀行に持ち込んだので、

 

そうすると全国の家庭に大量に眠っていた「タンス預金」から

 

1ポンド貨だけでなく20ペンスや他のコイン種も一緒に解放され、市場の流通に戻されるであろうことから、

 

この年は新たな20ペンスを発行しないことになりました。

 

 

というわけで、2017年生まれの皆さん、ごめんなさいっ!m(__)m 

 

お生まれ年のコインリングは、20ペンスでは作れません(;^ω^) 

 

 

さてさて、

 

今回もイギリス20ペンスの歴史や疑問を調べてみましたが??

 

何時も感じる事が・・

 

1枚のコインにこんなに歴史が有り・意味があるなんて(*^^*)

 

知れば知るほど興味が更に湧いてきます。

 

 

さて、次はどこのコインを調べてみようかな?

 

興味の有る方は是非・覗きに来てください。

 

 

👑  👑  👑  👑  👑

 

イギリス20ペンスコインリングの詳細はこちら 

  •  

 イギリス20ペンスコインリングの購入はこちら

SWING BY|手作りコインリングの店

SWING BY|手作りコインリングの店 SWING BYではレザーやシルバーを使ったハンドメイドのオリジナルアクセサリーの製作や、おすすめブランドのセレクト販売を行っております。奈良県天理市のアトリエでは、彫金やコインリング制作の体験が可能です。ぜひお気に入りのアイテムを見つけてください。/主要ブランド KC,S、NORTHWORKS、WHEEL WORKS SWING BY|手作りコインリングの店 SWING BYではレザーやシルバーを使ったハンドメイドのオリジナルアクセサリーの製作や、おすすめブランドのセレクト販売を行っております。奈良県天理市のアトリエでは、彫金やコインリング制作の体験が可能です。ぜひお気に入りのアイテムを見つけてください。/主要ブランド KC,S、NORTHWORKS、WHEEL WORKS

SWING BYでは日本では珍しいコインリングを作る体験教室を行っています。自分の生まれた年のコインで作る指輪!!愛着わきまくりですよ!他には銀板リング体験、銀板・真鍮バングル体験、コインバングル体験(只今準備中)など開催中!店頭ではセレクトした革・アクセサリー販売もしています。
/主要ブランド KC,S・ ZOO ・NORTH WORKS

屋号 SWING BY
住所 〒632-0011
奈良県天理市石上町361-1
電話番号 0743-65-3357
営業時間 11:00~18:00
定休日: 水曜日
代表者名 寒川 哲也 (サンガワ テツヤ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。